不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資のメリット・デメリット

メリット
・不労所得として給与以外の収入を得ることが出来る
・毎月のキャッシュフローが出来るので貯蓄をすることが出来る。
・2割~3割の自己資金で始める事が出来て、価格によっては少ない自己資金で始めることが出来る。
・家賃収入があるので給与等の支出が無く資産を作ることが出来る
・場合によっては節税対策が出来る。

デメリット
・収支が悪い物件もあるので慎重に物件を選ぶ必要がある。
・入居率により収入が変動する。
・設備の修理費や、内装費が掛かって来る。
・節税対策をしっかり考える必要がある。

※当社はデメリットを軽減するためにあらゆる面でオーナー様をサポート致します。

1・当社では投資を始めるために購入頂きましたオーナー様には、より良い不動産投資ライフを送って頂きたいと思っております。その為当社厳選の物件をご紹介させて頂いております。
  利回りだけではなく間取に将来性があるか、周辺環境の状況、賃貸市場・入居者の動向、将来に渡っての資産形成等もトータル的に考え物件を紹介しています。

2・物件の入居率について当社は入居募集にかなり力を入れて対策を行っております。
札幌市内全仲介業者にメールやFAXでの情報配信や、インターネットで常に最新の空室情報を検索し、いつでも紹介が出来るようにしています。又、自社でも全国展開のホームメイトに加入して入居者紹介も行っています。自社で賃貸仲介を行う事により最新賃貸市場を常に把握し、入居者のニーズに合った空室対策を行うことが出来ます。

3・設備の修理費や、内装費については不動産投資において避ける事が出来ない事柄です。
  設備の修理は入居者に快適に長く住んでもらう為には必要ですし、内装費は入居者募集の上で決めて貰えるポイントですごく大事になりますので必要になります。ただ当社ではオーナー様に安い料金で提供することができます。修理・内装業者2~3社で見積りをしてもらい安い業者に依頼しているのと、継続的に仕事を依頼することにより通常より安い値段設定をさせて頂いております。

4・不動産投資において税金対策は重要な位置づけになります。折角収益を得ても対策を何もしないとただ税金を払う事になってしまいます。当社は従業員間やオーナー様と常に情報交換を行っているので毎年変わる税法から、節税対策までいつでも相談に乗らせて頂ければと思います。
色々なサイトを見ると不動産投資は節税対策になると書いてあるのをよく見かけます。ただそれらは不動産収支がマイナスになる事により給与分と損失を合算して節税が出来るという事になります。確かに節税対策でマイナスにする事も可能ですが、それにはかなりのデメリットもついてきます。私達は折角投資をしているのに収支を常にマイナスにするような事はおすすめしていません!その辺りも含め全面的にバックアップさせて頂きます。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.01.5

    新年のご挨拶
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP